憧れの夢見る東京生活

東京で始まったフレッシュなOL生活をレポート

12故人の意思を尊重した家族葬について

東京では少人数での家族葬が一般的なようです

東京でも故人が死亡すると、その死を偲ぶために葬儀告別式が執り行われます。
この葬儀告別式は通常その故人と縁のある人間全てが集まり、盛大に取り仕切られるものとされています。
もっとも、故人に知り合いがほとんどいない場合などには、盛大にお子王として大会場を指定しても、空席が目立つようになり故人に対しての追悼の目的を没却する恐れが生じます。
そのため、このような場合には比較的小規模な会場を用意して、本当に故人を偲ぶ意思を有しているとみなされている親族のみが参列してこれを行うという家族葬の方法が考えられます。

費用面でも選ばれているようです

この方法は、親族のみが参列するので、欠席が生じる可能性は他の場合と比べて低いということができますし、また故人に対して特に縁のない人間が参列する場合に比べて親族に対する追悼の雰囲気が増すことが予想されます。
そして、家族葬の場合葬儀告別式にかかる費用のうち、納棺や火葬、読経などに対する住職への報酬、親族に対する食事代や会場使用料などの必要経費以外は費用がかかりません。
そのため、親族以外の人間が参列する一般的な葬儀告別式に比べて、食事代や火葬場への移動費などの経費がかからないので比較的低価格で行うことができます。

故人の心苦しい思いをカバーする葬儀です

そのため、一般的な収入世帯においては故人の保険金で補わざるを得なかったのが、状況が変わりました。
葬儀費用を祭祀をとりしきる者に無理なく支払われる金額の限度においてこれを行うことができるようになったのです。
故人が親族等に対して負担を過度な負担を追わせずに済むので、故人の合理的な意思にもかなうということができます。
したがって、葬儀告別式の方法として一般的な葬儀告別式の方法ではなく家族葬の方法を選択することは合理的な選択であるということができます。
詳しくは町屋斎場 ご相談窓口などで相談すると良いでしょう。

2013年07月23日

憧れの夢見る東京生活新着記事一覧

社会人になっても姿勢が悪いことが悩みでした
姿勢が悪いことが私を暗くしていた 姿勢が悪いことが幼

近年の看護師についての状況について
医療系の求人状況は変化無し 近年、医療技術の発達に伴

東京の結婚相談所に出向き、お試し申込みしてみました
東京での女二人暮らしでは出会いが少ない 母親が早くに

故人の意思を尊重した家族葬について
東京では少人数での家族葬が一般的なようです 東京でも